農連地区に新たな“まち”を創る
「農連市場地区防災街区整備事業」

那覇市中心市街地の南に位置する、新たなラウンドマーク「のうれんプラザ」。 三角形型の印象的な建物を中心に高層・低層の共同住宅も構成。建設だけでなく周辺一帯のインフラ整備も手掛けた、金秀建設初となる一大プロジェクトであった。

のうれんプラザ
学校法人つくば開成学園
リバーサイドかみはら
沖縄県桶川立体駐車場
那覇市桶川市営住宅
ル・サンク那覇開南
ザ コンフォート開南
伸栄マンション
TOMO ビル
高良アパートメント
リバーヒル當山
のうれんプラザ
学校法人つくば開成学園
リバーサイドかみはら
沖縄県桶川立体駐車場
那覇市桶川市営住宅
ル・サンク那覇開南
ザ コンフォート開南
伸栄マンション
TOMO ビル
高良アパートメント
リバーヒル當山

比類なきプロジェクトの始動

「初めて全体計画概要と北街区敷地の規模を現場で目の当たりにしたとき、経験したことのない緊張感を持ったことは未だに忘れることはありません」

 

プロジェクト現場を訪れた際の感想を、総括現場代理人の宮平正秋はそう振り返る。2016年6月のことだ。 目の前には、受け持ち工区であるA-1地区(のうれんプラザ)の敷地には、立ち退き移転前の建物がいくつか残っている状況で、A-5地区(学校棟)およびA-3①地区(権利者住宅棟)地区の基礎工事、山留め工事がはじまりかけの頃だったという。

 

当事業は、特定事業主として既設建物解体、施設建築物11棟(9街区)と8路線の道路整備を主業務とし、金秀建設が受注した案件としては初めての最大規模のものであった。 また、沖縄県から県道拡張工事、那覇市からガーブ河川改修工事といった公共工事関連も同時期に発注され、同時並行で進められることになった。

複雑な作業工程に
スピード感を持って対応

整備事業は、平成27(2015)年12月、北地区の解体工事からスタート。約3.1haの開発エリアは、地区の中央を流れるガーブ川を堺に、北街区と南街区に区分され、北街区には農連市場を中心とする建物が密集していた。南街区は周辺住民への安全を考慮しながら、建物解体作業を行い、下水道移設及び新設、橋の撤去・新設、幹線道路新設、周辺道路の拡張工事等インフラ整備工事が並行して進められた。

 

「旧のうれん市場の移転スケジュールが決まっている中で、着工日程がずれるたびに全体作業計画修正に留意しながら工程を修正。全体工程会議には、常に緊張感が漂っていました」

 

プロジェクト全体の工期は約4年半であったが、この規模にしては短期間であったと宮平は言う。そのため、現場ではさまざまな工夫や技術を取り入れた。タブレット端末機の使用により、写真や動画で現場事務所と現場間における状況の遠隔共有化を図った。また、工事の効率化を目指してPC工法が 設計の段階で採用され、施工段階において、仮設計画の検討・実施で作業効率を図ることができた。

 

工事の後半からは、県道の拡張工事による作業スペースの一部変換、権利者棟の先行完成に伴う幹線道路の一部開放、入居など、これまでとは異なる作業が加わり、さらに一般歩行者・車両への導線計画調整対応など、周辺環境への配慮も必要となった。

プロジェクトメンバーからのコメント

宮平 正秋
統括現場代理人
建設本部 建築工事部担当部長

宮平 正秋

洌鎌 博之
A-3②現場代理人
建設本部 建設工事部次長

洌鎌 博之

長嶺 敦
建設本部
土木工事部担当次長

長嶺 敦

画像1
画像2
画像3
画像4
画像1
画像2
画像3
画像4

最強のチームワークで
新しい“まち”が生まれた

いくつもの工程が重なる現場で徹底したのが5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)運動活動管理の実施だ。現場が雑然としていると事故を招いてしまう。

「作業員が300人を超える中、各区地区担当代理人および技術員が『安全第一』を意識した5Sを徹底し、全工期を通して重大災害を発生することなく、工期を無事に終えたことに感謝しています」

また、グループ企業のバックアップも大きかった。建物構造体の鉄骨製作、PC製作、アルミニウム製建具聖俗、鉄筋資材、屋根資材といった高品質な製品をより迅速に入手できることも金秀建設の強みであり、事業の成功に結びついた。

「当社だけでなく、協力会社との連携も大きかった。成功の理由は“チームワークの良さ”。それに尽きますね」

金秀建設の技術力とチームワークが生み出した新たな“まち”。市民が安全に、安心して暮らせるまちは、農連地区の発展や地域活性化に大きく貢献することだろう。

プロジェクトメンバーからのコメント

伊敷 明人
市営住宅A-3②監理技術者
建設本部 建築工事部

伊敷 明人

神谷 杏奈
代理人
建設本部 建築工事部

神谷 杏奈

〒900-8527 
沖縄県那覇市旭町112番地1 金秀ビル東館4F

  • ■本社

    〒900-8527
    沖縄県那覇市旭町112番地1
    (金秀ビル東館4階)

  • 企画営業本部

    営業部
    TEL 098-894-6180
    TEL 098-866-3836

  •   

    設計部
    TEL 098-894-6181
    FAX 098-866-3836

  • 管理本部

    管理部
    TEL 098-869-1350
    FAX 098-869-1353

  • ■西原支店

    〒903-0118
    沖縄県西原町字小波津567番地

  • 建設本部

    建築工事部
    TEL 098-882-9920
    FAX 098-882-9933

    工務部
    TEL 098-975-9000
    FAX 098-882-9913

  •   

    土木工事部
    TEL 098-882-9920
    FAX 098-882-9933

    リニューアル部
    TEL 098-851-5229
    FAX 098-882-9932

  • 管理本部

    業務管理部
    TEL 098-882-9900
    FAX 098-882-9932

    安全品質管理部
    TEL 098-882-9940
    FAX 098-882-9932

  • ■あがり浜SC運営部

    〒901-1304
    沖縄県与那原町東浜68-1

  •  
    TEL 098-944-4786
    FAX 098-944-4800